こうして仲良くなったら遊ばない?

こうして仲良くなったら遊ばない?と持ちかけます。
ごはんだったりカラオケだったり…
とことんそんな感じで色々なギャルと遊んでいました。
楽しかったですね。

でも何だか大事だと思うのは口うるさくしないことだ。
ギャルの言明を聞いてると理性に任せ言葉して来る男の人が多いようです。
そう思われないみたい気をつけましょう。

マニアかな?笑
仲良くなっていくうちに次は同列のIDを訊く調節だ。
めんどくさがったり、雲行きの嬉しい輩はそこから聞いてくれるが皆が皆そういったことにもいきません。
そして同列を交換したときの取ったどー!の気持ちはたまりません。

そして最初の同列での言葉を送ります。
返ってくるまで変わりっぱで待ちます。
何しろマニアですね。
そうしてだんだん言葉を交わし、何してるの?
ですとか只今〇〇してるんだ?などと親しみがわく交信をした後に次は通話だ。
通話も盛り上げます。どういう顔してたんでしょうか当時のわたし。笑

 

わたしは前、ぐっすりTwitterでギャルの仲良しを作っていました。
そして言葉を交わしながら仲良くなっていくのが楽しくて、たくさんのギャルと同列の仲良しになり遊びました。
Twitterで交信やるうちはこう送ったらこんな感じで返ってくるだろうな?っていうドキドキ第六感がたまりませんでした。

 

俺は娘を産んだのが早かった

俺は娘を産んだのが早かったのでその点とっても良かったです。
今は子どもたちも小学校高学年にもなり、奥さんチームメイトとは時折会いますが案の定繋がりも続いてて、どうしてもいる仕事場もバラバラにはなっちゃったんですが、大切な近隣だ。
やがて子どもたちが自立した後にはホビー近隣を増やしていきたいなと思っています。
顔合わせという顔合わせでも、Facebookでの顔合わせ。近隣。ホビー近隣として、後奥さんチームメイト探しで利用させてもらったこともあります。今は便利な世間ですね。いい意味でもあるけど従前だったらそちらこし公園執筆とか後押し中位行って著しく勇気が入りますが振る舞いを起こさないといけなかったのが、今では気軽に声かけれて奥さんチームメイトもとれる。やっぱり力強いししかも同い年の奥さん、同い年の娘を持つという共通点を見いだす事もできるのが凄いですよね。

俺は独身の時分、大学生の頃にめぐりあい系のサイトで夫と出会ってご飯食べに行ったりして顔合わせを求めていたひとときがありました。だけど付き合うまでは行かなかっただ。でも夫経験があまりないひとときに何かと素材ができて免疫ができたような気がします。